MENU

シャンプーの種類

育毛に欠かせないシャンプーですが、その種類はアミノ酸シャンプー、石けん系シャンプー、高級アルコール系シャンプーの三つのタイプ に分けられます。

 

また頭皮の状態によっても脂性、乾燥、普通の三つのタイプに分けることができます。

 

薄毛や抜け毛に悩む人にとって、毎日のヘアケアに大切なシャンプーは、いったいどのようなものを選べばいいのでしょうか。

 

アミノ酸系育毛シャンプー

髪の毛の大部分はタンパク質によって形成され、そのタンパク質を構成しているのが18種類のアミノ酸です。
髪の毛の成分のほどんどはアミノ酸でできていて、水分をたっぷり含んだ弾力性をもっています。

 

アミノ酸系の成分を配合したシャンプーは、シャンプーの種類の中でも最も低刺激で、洗浄力が強すぎるということもなく、頭皮や髪に良いシャンプーとされています。

 

表示成分にヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドや「ココイルグルタミン酸TEA」や「コカミドDEA」などと表示されている場合は、アミノ酸系シャンプーです。

 

また、ラウロイルメチルアラニンNaもアミノ酸系です。

 

石けん系シャンプー

成分表示に「石けん素地」「カリ石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」などと表示されている場合は、石けん系シャンプーです。

 

もともと洗顔や全身の洗浄に使用する石けんは肌に優しく、刺激が少ない割に強い洗浄力があるので、頭皮がベタつきやすい脂性タイプや肌が弱い人にでもお薦めできるシャンプーです。

 

ただ、石けん系シャンプーはアルカリ性のものが多いことから、洗っている最中、または洗い上がりに髪がきしむことがあります。
乾けば髪の毛は自然と酸性に戻りますが、気になる人は石けん系シャンプー専用の酸性リンス(クエン酸配合)を使用すると、きしみやゴワつきは解消されます。

 

高級アルコール系シャンプー

市場に最も流通しているシャンプーで、市販の大多数がこの高級アルコール系シャンプーです。

 

高級アルコール系シャンプーの界面活性剤には「ラウレス酸Na」「ラウリル酸Na」などの成分が使用されています。
高級アルコールが意味するのは、値段が高価という訳では無く、『高級=炭素数が高い(多い)』ということで、炭素数が高ければ高いほど泡立ちがよく、洗浄力が強くなります。

 

頭皮の「あぶら」をゴッソリと取ってしまうのは、頭皮ケアにとっては逆効果になることもあります。

 

しかし、二度洗いのうちの一回目のシャンプー時において、軽く汚れをとる方法に使用できるメリットもあります。

 

頭皮のタイプ

頭皮タイプは全部で3つです。

 

乾燥タイプは頭皮から分泌される皮脂が少なく、頭皮がカサカサになりやすく、頭皮のトラブルが起きやすい状態です。

 

脂性タイプは、皮脂の分泌が過剰で、頭皮がギトギトとした脂ぎった状態になりやすく、皮脂はが酸化して毛穴が詰まりやすくなります。

 

普通タイプは、どちらともいえない状態です。

 

育毛に欠かせない頭皮環境の健康維持のために、頭皮に合わせて厳選したシャンプーを正しく、丁寧に行う必要があります。

シャンプーの種類関連ページ

育毛シャンプーの基礎知識
育毛シャンプーの基礎知識について説明。天然素材を配合しているものや界面活性剤でも、頭皮に無用な負担をかけない育毛シャンプーがありますが、使い方や個々の頭皮の状態により逆効果になることもあります。
育毛シャンプーの本来の意味
スカルプDと馬油(ウーマ)シャンプーは大人気の育毛シャンプーです。育毛シャンプーの本来の意味についての説明をします。育毛の促進の手助けをする頭皮ケアが育毛シャンプーの本来の目的です。
シャンプーマッサージの仕方
スカルプDや馬油(ウーマ)シャンプーを使う方は、薄毛改善や抜け毛予防が目的でしょう。せっかく使うのであれば、正しいシャンプーマッサージをすることによって、頭皮環境を整えましょう。
髪様シャンプーで頭皮を活性化
TBSの番組ダウンタウンの「100秒博士アカデミー」で紹介された頭皮だけを動かす髪様シャンプーは、かつらを動かしたような動きをさせるシャンプー法です。新生毛を抜かないようにすることで薄毛予防になります。
このページの先頭へ