育毛シャンプーの基礎知識

シャンプーは毎日使用するわけですから、直接的に発毛効果があるというよりも、頭皮環境を整える意味においては影響は大きいものです。

 

多くの人は、髪の毛や頭皮の脂分や汚れをスッキリと落ちてくれる方が気持ちが良く、髪が生えやすい環境になると思っています。
特にギトギトした脂症の人はサッパリと落としたいものなのです。

 

しかし、肌がそうであるように、頭皮も水分、保湿がとても必要です。

 

育毛シャンプーと界面活性剤について

育毛シャンプーはテレビのCMやネットでも沢山あるようですが、通常のシャンプーと何処がちがうのでしょうか。

 

シャンプーの成分、界面活性剤は泡立ちを良くする為に入っているものですが、育毛にとっては良くないと言われています。
しかし、界面活性剤が悪いということではなく、合成界面活性剤が良くないのです。

 

界面活性剤のうち、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを「石けん」と呼びます。
それ以外は「合成界面活性剤」と呼ばれますが、普通のシャンプーにはほとんどと言っていいほど入っているものなのです。

 

一般的なシャンプーは有害?

そんな疑問も多いのですが、そんなことはありません。

 

合成界面活性剤の皮膚への浸透率は石鹸より高いとはいうものの、人体に対する影響はほとんどないという研究結果があります。

 

食器用の洗剤の手荒れ原因とその洗浄効果が石鹸よりも高いことから、誤解を招いただけなのです。

 

人体への害がないとしても、髪の毛や頭皮を傷めてしまうシャンプーもたくさんありますので、天然素材を配合しているものや界面活性剤でも頭皮にやさしく、無用な負担をかけなくて済む育毛シャンプーなら安心でしょう。

 

直接の効果がある育毛剤とは異なり、頭皮や肌にやさしいシャンプーということですね。

 

泡立ちが普通のシャンプーよりは少ないので、しっかり予洗いしたり、2度洗い等、正しい洗髪法をしましょう。
今からでも遅くはありません、すぐに自分に合った育毛シャンプーに変えた方が良いでしょう。

TOPへ