MENU

男性ホルモンと体質遺伝

薄毛の原因には男性ホルモンが深く関わっています。

 

男性ホルモンは全ての男性に存在していますが、薄毛になる人とならない人との差は何なのでしょうか。

 

この男性ホルモン説こそが「薄毛は遺伝する」とされる最大の要因となっていますが、一番大きい薄毛のリスクはジヒドロテストステロン(DHT)というものです。
このジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5α−リダクターゼによって還元されてしまうことで発生します。

 

もちろん、これが多ければ多いほど男性型脱毛症が進行していきます。
このジヒドロテストステロンに還元される前のテストステロンについては、分泌量の個人差はほとんどありません。

 

しかし、ジヒドロテストステロン(DHT)生成の要因となる5α−リダクターゼの分泌量は個人によって違いがあります。
これが、薄毛になる人と、ならない人との差ではないかと言えます。

 

5α−リダクターゼの分泌量の多さが薄毛の原因

この5α−リダクターゼが生成されやすい体質が遺伝するために、薄毛の遺伝説が生まれたということなのです。

 

ところで5α−リダクターゼって何なのでしょうか

テストステロンは5α−リダクターゼという還元酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換されます。
変換されることによって髪の毛の生成が阻害されてしまいます。

 

また、5α−リダクターゼには1型と2型の2種類あるのですが、そのうちの2型が薄毛に大きく関与しているのではないかと最近言われるようになりました。

 

このことからDHT(ジヒドロテストステロン)の感受性が高い人が、毛根の細胞の働きを抑制してしまい、髪の毛の成長が阻害されやすくなります。
一種の遺伝的要素とも言えますが、薄毛になりやすい体質が遺伝として受け継がれているため、そのための対処法を講じれば、薄毛になりにくくすることは十分可能なのです。

 

 

昔は父がハゲなら50%の割合であなたもハゲるというように言われていましたが、遺伝の影響は20%ほどなのだそうです。

 

食事のバランスの悪さ、不規則な生活,ストレスによるものだったり、血行不良といった体質遺伝が薄毛の原因でもあるのです。

 

だから薄毛は遺伝と諦めてはいけません。

 

5α−リダクターゼという還元酵素によりテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることによって、毛根のタンパク質合成を阻害、毛乳頭の作用低下、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりを誘発して薄毛になりやすくなります。

 

つまり、男性ホルモンそのものが悪いわけではなく、ジヒドロテストステロンに変換させないかが大切になります。
育毛で、回復するの為には、最も重要なポイントでもあります。

 

毛穴の中の皮脂にも、このジヒドロテストステロンが含んでいるのではないかと思っています。
ですので、ウーマシャンプーなどの育毛シャンプーを使って、脂を搾り出すようなシャンプー方法も必要になってくるのです。

男性ホルモンと体質遺伝関連ページ

女性の薄毛とヘアケア商品の関係
ウーマシャンプーやスカルプDを使用する人は当然、薄毛や抜け毛の悩みを持っている人です。育毛シャンプーで頭皮環境を整えることももちろん大事ですが、薄毛の原因を探ることが育毛の第一歩です。
このページの先頭へ