MENU

スカルプDの基本的な情報

スカルプDのコンセプトは頭皮の洗浄をしっかりして、健康な頭皮状態になれば、美しく健康な髪が生えやすい環境ができあがるということです。
まずは育毛の第一歩、頭皮環境の改善を目指しましょう。

 

そのように頭皮環境を整えるとができるシャンプーが、スカルプDやスカルプDレディースです。

 

ここではスカルプDの基本的な情報を掲載します。
もちろん、スカルプDといえども、全ての方の頭皮に合うわけではありません。
頭皮に湿疹やかゆみが出た方も数人見てきました。

 

これには、頭皮に合わないということもありますが、使い方にも工夫が必要な場合もありました。
そんなスカルプDシャンプーの危険性や副作用については別ページで掲載いたします。

 

スカルプDシャンプーとは

スカルプDシャンプーは髪の毛が薄くて悩んでいる宮迫さんが宣伝していることで有名になりました。
スカルプDシャンプーは抜け毛予防のために作られたシャンプーですが、頭皮の肌質によって、
オイリー用とドライ用の2種類あります。

 

テレビのCMの影響で、このスカルプDシャンプーだけで、髪が生える、薄毛が改善されるというイメージが出来てしまっているのですが、発毛というよりは育毛、頭皮の環境(ふけや皮脂など)を改善する頭皮ケアです。スカルプケアなのです。
もちろん抜け毛予防の効果はありますし、育毛の促進としても大事なことです。

 

髪にコシやボリュームを出したいなら、ウーマシャンプーですね。

スカルプDの全成分

有効成分

ピロクトンオラミン・・・頭皮の脂の過剰分泌を抑える効果

グリチルリチン酸2K・・・抗炎症と抗アレルギーで耐性を強化する効果

サリチル酸・・・毛穴につまった汚れを除去する効果

 

その他の成分
ラウロイルメチル−β−アラニンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、N−カプリロイルアシルグリシン、濃グリセリン、グリセリル−N−(2−メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、N−ヤシ油脂肪酸アシル−L−アルギニンエチル・DL−ピロリドンカルボン酸塩、ホウセンカエキス、オオバナサルスベリエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、ユニトリエノールT−27、オトギリソウエキス、オウバクエキス、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、BG、1,2−ペンタンジオール、10−ヒドロキシデカン酸BG、エタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、粘度調整剤、pH調整剤

 

ヤシ油脂肪酸について

ヤシ油脂肪酸はヤシ油を加水分解して作られる高級脂肪酸の混合物です。

 

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
天然ヤシ油由来の界面活性成分で、帯電防止成分、洗浄成分、起泡成分、コンディショニング成分としての働きを持ちます。

 

ヤシ油から抽出して精製している成分で、刺激性が少なく、保湿力もある界面活性剤。

 

天然の成分を使いながら、頭皮の抗酸化作用や血液の流れを良くする成分が配合されています。

 

落としにくいスタイリング剤もスッキリ洗い落とすことができ、徹底的に清潔で健康な頭皮に近づけるとされています。

スカルプDの基本的な情報関連ページ

ウーマ(u-ma)シャンプーの基本的な情報
ウーマシャンプーは、頭皮のバリア機能を守りながら、汚れや皮脂を洗浄しながら髪に栄養を与える効果もあるアミノ酸系の自然派シャンプーです。
10代目スカルプDを使った評価は?使用感は?
10代目スカルプシャンプーとパックコンディショナーは、とにかく毛髪にコシ・ハリを与えることにこだわって作られているということで、実際に使ってみました。使用感は、かなりきめ細かい泡質で、ギシギシ感はまだありますが、コンディショナーを使えば解消できます。
このページの先頭へ