MENU

ウーマ(u-ma)シャンプーの評価と洗浄力

一般的なシャンプーの多くは石油系の洗浄成分が配合されており、洗浄力の強すぎるために、頭皮を傷つけるだけでなく、よけいに皮脂が増えてしまうということにもなります。

 

ウーマシャンプー洗浄力

そこで、オススメするのが、ウーマシャンプープレミアムです。
ウーマシャンプーに含まれる馬油は、薄毛の原因の一つである不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)の不足を補い、そして頭皮を柔軟にする働きもありますので、育毛効果を上げるための頭皮環境を正常にさせることが出来るのです。

 

コンセプトは、頭皮の余分な皮脂は洗い流し、必要な皮脂は取り過ぎないで、適度な潤いを残す洗浄力です。プレミアムになって、加水分解ケラチン、ガゴメ昆布、ビタミンE誘導を配合し、保湿力アップとハリコシ、ボリュームアップを実現しています。楽天ランキング4冠達成してるんですね。
馬油シャンプーであり、アミノ酸系ノンシリコンなので、泡立ちはあまり良くないと思う方もいるかもしれませんが、泡立ちはかなり良く、髪の引っかかりもなく洗いやすいです。

 

洗浄力については、やはり12代目になってもスカルプDの方が強いです。なので、シャンプー中の髪のキシミがましになったとはいえ、まだ気になるのですが、ウーマは旧の時よりも気にならなくなってますね。
こちらはコンディショナーなしでも指通りは滑らかに洗えます。なんといっても旧ウーマの時のデメリットだった粘り感がなくなり、クリーミーながらサラッとした洗いあがりです。

 

プレミアムになってさらに肌に優しいシャンプーになりましたね。ただし、洗浄剤をバランスよく配合されているとはいえ、洗い残さないように、しっかりと十分に流しましょう。

ウーマシャンプープレミアムを使った評価は?

ウーマシャンプーの液体

洗浄力はそれなりにありますが、頭皮に優しいシャンプーというのは毎日使い続けて実感しています。他の方も数人使用したのを見ましたが、湿疹やかゆみ等の頭皮トラブルはありませんでした。市販のシャンプーからウーマに変えてから赤い頭皮ニキビが収まったという方もいます。

 

中には洗っている時のキシミが気になるという方もいましたが、タオルドライする時には、気にならなくなったようです。

 

ワックスやスプレーを付けている方は一度目のシャンプーでは、泡立ちにくいようですが、2度目はしっかりと泡立ちますので問題はありません。
これなら、乾燥性の人でも大丈夫だと思います。もちろん肌の弱い方や女性でも安心して使えます。ただ、ニオイがほとんどないので、香りを求める女性には物足らないところがあるようです。そういった方は気に入ったコンディショナーを付けてもいいでしょう。ただし、コンディショナーやトリートメントにはシリコン入りが今でも多いので、ノンシリコンを使ってください。

 

さて、使用感ですが、2週間ほど使うと、髪の毛にハリ・コシが出てきたことは実感できています。ボリューム感は、プレミアムプレミアムになってさらに出やすくなったのではと感じています。

 

また、雨の日などの湿気が多い日でも、頭皮、特に額の部分がベトッとなりませんでした。これは他の方も言っていました。

 

何と言っても抜け毛、薄毛の原因の一つである不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)の不足を補い、そして頭皮を柔軟にする働きもあることから、頭皮を正常に保つことができるでしょう。

 

なお、有効成分のセンブリエキスは旧ウーマから配合されていたのですが、プレミアムではグリチルリチン酸2Kを加えて医薬部外品になっています。

 

さらにクララ根エキス、センキュウ根茎エキス、トウキ根エキス、センブリエキス、アロエベラ葉エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキスなど髪を育てる働きのある植物由来エキスを25種配合されています。

 

商品到着後30日間使ってみて、それでも効果が感じられなかったら全額返金してくれるというのも自信のあらわれだと思います。

 

ウーマシャンプープレミアム公式サイトはこちら

 

正しい洗髪方法 5つのポイント

ウーマシャンプーの本体と一緒に、「正しい洗髪方法 5つのポイント」についての説明書が付いています。

 

ヘアスタイリストとして、説明書に少し補足してみます。基本はシャンプーは2度洗いということを忘れないで下さい。

 

予洗い

シャワーで最低1分は頭皮を濡らす。

髪の長さによって変わってきますので、1分というよりも、髪の毛や頭皮の汚れを予洗いだけでもほとんどなくなるほど、タップリとシャワーで流しましょう。この予洗いの役目は髪を濡らすということだけでなく、汚れもしっかりと落とす湯シャンということです。

 

シャンプーの量

2プッシュくらいの量で、軽く泡立てて洗う。

よく500円玉ぐらいとも言われますよね。これも髪の毛の量や長さ、汚れ方によって量が変わります。
どんなに肌に優しいシャンプーと言えども、洗浄剤が入っていますので、出来たら少なめの量の方が良いのです。

 

一度目は、それほど泡立たなくてもかまいません。汚れが軽く取れるぐらいでいいのです。二度目のシャンプーは比較的少ない量でも十分に泡立つと思います。管理人のようなトップで10pほどのショートヘアなら半プッシュもいらないぐらいです。

 

洗髪方法

髪ではなくて頭皮をしっかり洗う。爪は立てない。

その通りですね。
補足すると、指の腹でしっかりと頭皮をマッサージするようにシャンプーします。あまり擦り過ぎると髪の毛を引っ張ってしまいますので、注意しましょう。髪が薄い方は、ゴシゴシと強くこすると弱い生えかけの毛髪が抜けてしまうこともあります。できれば、頭皮だけを動かすマッサージ法がいいですね。

 

正しいシャンプーの仕方で詳しく載せますので、そちらを参考にして下さい。

 

すすぎ

シャワーで最低1分半は行った方が良い。

これも髪の毛の長さ、量で変わってきますので、時間で測るのは賛成できませんね。長い方では2〜3分という場合もあります。

 

一度目のシャンプー後は、しっかりとすすぎといっても、それほどこだわらなくていいでしょう。問題は二度目です。

 

シャンプーの洗浄剤が全く残らないように、タップリとシャワーで洗い流します。十分にタップリとです。

 

頭皮に優しいと言っても洗浄剤が入っているのです。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドDEAは石油系合成界面活性剤ではありませんが、洗浄剤には違いありません。これが頭皮や髪に残っては、やはり頭皮トラブルの原因になります。

 

このすすぎが一番重要と言っていいでしょう。
※お湯の温度は、ややぬるめ、38°ぐらいが一番よい温度だと言われています。

 

ドライヤー

頭からドライヤーを20cmくらい離して髪全体を乾かす。

濡れたままにしておくと、頭皮が蒸れて、これも薄毛の原因になりますので、シャンプー後、育毛剤等を付ける方は、直ぐにドライヤーで髪を乾かします。もちろん、育毛剤塗布後も浸透させる時間、約5分後には乾かすようにしましょう。

 

ウーマシャンプープレミアムは頭皮環境正常化を徹底的に研究された商品です。

 

ウーマシャンプープレミアム公式サイトはこちら

ウーマ(u-ma)シャンプーの評価と洗浄力関連ページ

スカルプDの洗浄力と評価
スカルプDは高い洗浄力と、天然ヤシ油由来の界面活性成分を使用して頭皮へのやさしさを両立。汚れを奇麗に取り去るので合格ですが、洗浄力がやや強すぎるという評価を下しました。使用方法に注意が必要でしょう。
このページの先頭へ